家族葬とは一体なにか

メディアで話題の家族葬儀

メディアなどでも取り上げられるようになった家族葬は、その名前の通り、亡くなった人の葬儀を家族のみで行うというものです。
葬儀に関しては特別なスタイルなどではなく、むしろ普通の葬儀、一般的な儀礼で行われることがほとんどです。
しかしながら参加者を家族あるいは親しい人間だけに限ることというのは、葬儀を行う家族にとって多くのメリットがあります。

精神面、費用面で大きなメリットがあります

まず1つは精神的な面です。
葬儀というと、弔問に訪れる人は多岐に渡るため、故人と親しかった人でも自分にとっては目上にあたる人・よく知らない人なども数多くやってきます。
こうした人達を前にしては、悲しんでばかりもいられず、弔問に来たことに対しての配慮や気づかいなどをする必要があります。
しかし、身内だけで葬儀を執り行うのであればそうして気遣いは不要ですし、互いに泣き悲しみを共有しているという感覚を強く持つことが出来ます。

家族葬のコストは低く抑えられています

次に挙げられるのは費用の面です。
葬儀と言えば何かと費用がかかるもので、こうした費用というのは葬儀を開催する人間によって支払われるのが一般的です。
補助金の制度などもありますが、基本的には自分で支払うことになります。
葬儀を訪れた人から見舞金をもらったりすることもありますが、支出の方が多くなることがほとんどなので、金銭的な負担がとても多いのは誰が見ても明らかなのです。
しかし家族葬であれば少ないスペースで良く、料理なども用意する必要がないのです。
焼香に要する時間も短いため、葬儀自体にかかる時間が非常に短いというのも特徴と言えます。
故人を偲び、その悲しみを互いに分け合うという意味で、この家族葬は近年注目を集めており、こうしたメリットがあることから、この方法を選ぶ人が増えているのです。