家族葬が生まれた背景とは

密葬と家族葬儀の違い

これまでは規模が小さく身内だけで行う葬儀のことは密葬と呼ばれていましたが、最近では家族葬と言われる葬儀が選ばれる傾向にあります。
密葬というのは、故人の友人や知人などを呼んで行う大規模な本葬とは別に、家族が故人との別れの時間を持つことが目的として行われる葬儀のことです。
家族葬というのはこの本葬を行わず、家族だけで葬儀を行うことによって葬儀全てを終了とみなすという形式になっています。
ですから密葬とは似て非なる存在であるということが出来ます。

時代が生んだ新しい葬儀スタイル

新しい葬儀スタイルとして登場した背景には、故人が「あまり派手な葬式をせず、家族内だけで行ってほしい」などの希望を残していた場合に、その希望をかなえてあげたいという遺族が増えたことにあります。
形式的に葬儀は大規模に行うものであったとしても、故人の遺志を尊重しようとする傾向が見られるようになっていることがよく分かると言えます。
大規模な葬儀を行ってほしくないという人には、友人や親族が少ないという背景を抱えている人もいます。
自分がなくなっても誰も来ないから…という理由で家族による葬儀を行ってほしいと考えるのです。

遺族の意向をくんだお葬式でもあります

また、遺族側の意向であるケースも多くあります。
葬儀の予算を減らしたい・葬儀の進行や来客への対応に追われたくないの、という考えの人も家族の身での葬儀を選ぶ傾向にあります。
現代は形に捉われず、好きなものを選ぶという流れが主流ですが、葬儀に関しても同じことが言えるのです。
今までのように数時間をかけて数十人から数百人程度の人物が訪れるような葬儀ではなく、じっくりと故人がなくなったことに向き合う時間を持ち、家族の中でその冥福を祈るというスタイルも選ぶことが出来るのです。