みんなの体験談募集中

大事な家族とのお別れの時に家族葬を選ぶ人が増えてきています。

家族葬を選ぶ人が増えています

sample

大事な家族を亡くした悲しみに心が奪われてしまう人は多いです。
長い間の看病の結果のお別れも辛いですし、突然の別れは想像以上の寂しさを味わったり、その時の感じ方は人それぞれです。
最近で最後の別れを家族や身内だけで静かに送りたいと家族葬を選ぶ人が増えてきています。

家族葬は密葬とは違います

密葬の場合はまたそのあとにお別れの会を開いたりとする葬儀のことです。
最近では仕事から引退して長い時間が経ってしまっていたり、亡くなられたご本人がもうご高齢だった場合には家族だけのお別れの方法を選ぶ人が多くなってきているようです。
ただ、葬儀が終わってから大切な家族がなくなった知らせを聞いて、ご自宅などにお別れに訪れる人が多かったりするので、自宅でのんびり過ごすことができないということもあります。
でも葬儀の時に悲しみにふけながらも焼香に訪れてくださった方々へご挨拶をしたりと今までの疲れの中でバタバタ忙しくしてお別れが満足にいかなかったという話もありますし、そのあと疲れ切って寝込んでしまったという人はたくさんいます。

エンディングプランを立てることの大切さ

本当に大事な家族のことを思ってくれる人たちと、静かにじっくりとお別れできるのはなくなった人にとっても、そして残された家族にとっても大切な時間になります。
いろいろな立場があるので一概にまわりを気にしないで家族だけのお別れをできる人も多くはないと思いますが、最後の別れこそは義理人情の世界ではなく、本当に自分のことを思ってくれた人と別れをしたいと、エンディングプランを立てている人もいます。
終活という言葉もマスコミで言われています。
どれが正解ということはないですが、一度大事な家族と家族葬のことを考えてみませんか。

最新投稿